浮気不倫について

浮気不倫で不貞行為とみなされないことがある

更新日:

次の場合は、不貞行為とみなされません。離婚をする事が前提で夫婦が別居をしている場合。夫婦関係が破綻し、双方合意の上で別居をしている場合。夫婦関係が破綻し、双方合意の上で家庭内別居をしている場合などとなります。また、肉体関係の無い浮気などは、法律上の不貞行為にはなりません。男女間の密会が肉体関係(性的交渉)を伴わない場合は「不貞行為」にはならない。 すなわち配偶者が異性と食事やデートをしたり、メールや電話でやりとりをしていたとしても、肉体関係が無い場合、不貞行為とはみなされません。

離婚をする事が前提で夫婦が別居をしている場合。


夫婦関係が破綻し、双方合意の上で別居をしている場合。
夫婦関係が破綻し、双方合意の上で家庭内別居をしている場合。
以上の場合には、配偶者が異性と肉体関係を持ったとしても不貞行為とはみなされません。しかし、別居をする以前から浮気や不倫をしていた場合には、不貞行為とみなされます。
肉体関係の無い浮気などは、法律上の不貞行為にはなりません。配偶者が異性と食事やデートをしたり、メールや電話でやりとりをしていたとしても、肉体関係が無い場合、不貞行為とはみなされません。

離婚が認められる不貞行為

裁判で離婚が認められる不貞行為については、一度だけの不貞行為でなく、反復した不貞行為が必要とされる事が多いようです。すなわち、たった一度でも浮気や不倫は、不貞行為になるが、裁判で離婚を請求する場合には、継続的に浮気や不倫をしている方が離婚を認められやすいという事になります。そして他の何らかの原因(DVなど)と複合的な場合には離婚が認められることも多いと言えます。ただし、たった一度きりの浮気や不倫でも、その事が原因で婚姻関係が破綻に至ったのであると判断される場合には、離婚が認められる事もあるようです。

浮気をした配偶者からの離婚請求が認められる場合もあります


浮気や不倫をした者(有責配偶者)から、離婚を請求することができる場合もあります。自ら夫婦関係の破綻の原因を作った有責配偶者からの離婚請求であっても、以下のような場合に認められることがあります。有責配偶者からの離婚請求は、以前は認められていませんでした、最近は、別居期間が相当長いこと、未成熟の子どもがいないこと、相手が社会的、精神的、経済的に過酷な状況におかれないことなどを要件として、有責配偶者からの離婚請求が認められるケース等もあります。詳しくは、弁護士等の法律の専門家などにご相談されるのが良いかと思われます。 


離婚届けを勝手に提出されない為の不受理申し出


離婚届を勝手に提出されてしまう可能性がある場合には、本籍地、又は住所地の市区町村役場に離婚届不受理申出書を提出しましょう。早急に不受理の手続きをする必要がある場合には、本籍地の市区町村役場に離婚届不受理申出書を提出するほうが良いです。離婚届不受理申出書は市区町村役場の戸籍係に備え付けられています。

-浮気不倫について

Copyright© 評判の探偵(興信所)まさにコレ! , 2019 AllRights Reserved.